薬剤師母の理系な子育て

パート薬剤師母です。幼児教育に興味があります。息子は年少。夫は文系。

【見えにくい虐待】私の母は教育熱心な毒親でした…

母親と定義されるをる人は愛、保護、やさしさを与えられるいう母親神話がある。出産という行為だけで子供を育てる能力が、本質的に与えられるかのようにほとんどの社会が母親を美化する。それは絶対に嘘だ。(スーザン・フォワード)

 

 毒親の語源でもある「毒になる親」の著者であるスーザン・フォワードが毒親の棄て方:娘のための自信回復マニュアル」では母娘問題に特化し、娘を苦しめる毒母の問題や対処法について述べています。こちらは毒母に育てられて苦しんでいる女性に読んでほしい本です。少しは気持ちが楽になると思います。

 


毒親の棄て方: 娘のための自信回復マニュアル

 

前回のブログhttps://yakuhaha.hatenadiary.jp/entry/2018/06/20/144643で少し述べましたが私の母親も毒母でした。母親を悪くいうことはタブー視されていますが、今日は私の母娘の関係について綴っていきます。

 

辛かった幼少期...

 母親は私が物心がついた頃、夫婦仲が悪かったりその他にも色々重なりメンタルが普通の状態ではありませんでした。そして自己顕示欲が強い人でした。いつしか彼女は長女の私には過干渉になり、真ん中の癇癪持ちの弟を怒鳴り散らし、そして末の弟を甘やかして育てました。

 

親に逆らうなんて以ての外、思い通りにならないと厳しい制裁を受けました。いつもお前は親がいないと何もできない子だ否定ばかり。さらに母親は美人だったので父親似で残念な容姿の私を馬鹿にしていました。夫婦仲が悪いせいか末の弟を自分の恋人のように可愛がっていました。私は子供心に違和感を感じて6歳頃には母親を信用できないと思うようになっていました。

 

見えにくい虐待...

私の場合は自分の意思を持つことは許されず、感想文などもほとんど親に訂正され賞をとり、友達ともあまり交流させてもらえないなど過干渉に育てられました。主に精神的虐待だったので、一度だけ母親のせいで怪我をして病院に行きましたが、謝ることはせず医者に余計なことは言うなと脅された結果虐待はバレませんでした。

こういった見えにくい虐待は周りから理解を得られないのでタチが悪いのです。外面がよく、夫婦仲も良いふりをして私は習い事をさせてもらったりお金をかけてもらっているので周囲には恵まれているように見えてしまいます。母親本人ですら子供のために頑張ってると思い込んでいて無自覚です。

 

娘を自分の近くに置きたがる...

母親としては私を自活できる女性に育て上げ(田舎出身なので幸い大学は一人暮らし)就職で実家に戻ってきてもらい老後は私に面倒をみてもらいたかったようです。そんなわけで薬剤師にさせるために沢山お金をかけてくれました。ただし私だけ女だからという理由で地元から近い大学しか受験できませんでした。弟は東京の大学に入学しました。一人暮らしをきっかけに少しずつ距離を置き、従順なふりをしていたが母親が嫌だったので地元で就職せず、その後転勤族の夫と結婚しました。結婚できたのは私の作戦勝ちで母親の本音は反対でした。就職、結婚してからも嫌味はいろいろ言われ、関係はあまり良くなく里帰り出産もしませんでした。

 

そして現在...

私の息子が生まれてからは孫目当てで私にも少し気遣うようになりました。息子は3歳でまだ無邪気で素直なお年頃ですし…(彼女は逆らわない思い通りになる子が大好き)良くも悪くも今は家庭の問題が表面化されていない状態です。息子のかわいい盛りの時期が終わると、介護問題、兄弟間の相続問題などいろいなもの一気に爆発しかねないなとは思っています。機能不全な家庭で育つと私を含め登場人物皆厄介で社会不適合者です。毒母に育てられた弟達のことも信用できません。

 

自分も毒親にならないために...

子供を産んで母親は私に愛情がなかったこと再認識できました。私は兄弟と非常に年齢が近く、3歳の時にはすでに弟が2人生まれていました。母親は忙しすぎたのもあり私との愛着関係が築けなかった可能性もあります。一般的に母親は下の子、男の子をかわいがる傾向にありますし。ただ弟達に対しても甘やかしているだけで愛情を持っているとは思えないんですよね。

母親は自分を犠牲にして子供のために頑張ってるのに誰も応えてくれないとよく嘆いていました。自分が毒親だとは夢にも思っていないようです。私も息子のために教育を頑張ろうと思っていますが、もしかしたら深層心理では自分のためなのかもしれません。今のところ虐待はしていませんが、毒親は連鎖するらしいので私も母親と同じような行動をとってしまう可能性が大いにあります。毒親にならないために親を反面教師にして、子供の気持ちにも寄り添い、頑張りすぎないなど精神衛生を良く保つことを心掛けたいです。あと衝突することもありますが信頼はできる夫と力を合わせたいです。毒親から逃れるには信頼できるパートナーを見つけることが重要だなと私は思います。

母と娘の関係で悩んでいる方は意外と多いようですが、毒母への対処法はいくつかあります。最初に紹介した毒親の棄て方:娘のための自信回復マニュアル」を参考にすると良いと思います。私は母親との付き合いはあくまで表面的なものとして、弱さを見せたり隙を与えないようにして自分の家庭を守っていくつもりです。

  

 

 
にほんブログ村


幼児教育ランキング